スペシャリティコーヒーって…

どもども
いけだです。

早速の第二回。
何を書こうか悩むこと一週間。

スペシャリティコーヒーとの出会いを書いてみます。

saori_coffee

いっちばん初めに知ったのがいつかは定かではありませんが。

仕事を辞めて、一番目に働いたお店で一緒に働いていた方が、
なんだろう、コーヒーにどっぷりの人でした。

聞けば聞くほど、コーヒーに関する知識がすごい。
変態や…!と思いました(褒めてますよw)

最近、色んな所で目にする機会も増えてきてるし、知っている方もいるかと思いますが。
改めて、スペシャリティコーヒーって、何だ?と。

簡単に言うと、コーヒーの協会が決めた基準を満たした最高品質のコーヒー。
その道のプロが美味しいと思ったコーヒー。
かつ、生産段階から品質管理がしっかりしている。
だから美味しい豆ができる、ということでしょうか。

あ、前もって言っておきますが
多分私の言うことには間違いがたくさんあると思います。
その辺を重々承知のうえでお読みいただきたく…
不確かな内容で申し訳ないですが、こんな不完全な人間なので許してください(>_<)

よく、「ブラジル」とか「エチオピア」とかって国名が書かれていると思うのですが。
それって、出荷された地名らしいです(これも違ったらゴメンナサイ)
聞いた話、どこのどんな場所・環境で作られた豆でも、
同じ港から出荷されたら、全部「ブラジル」とかって言えるらしいですよ。

スペシャリティコーヒーは、産地もだけど、作られた農園の名前まで記載されています。
○○(国)の○○農園、という感じで。

そのお方の分かりやすい例を借りますと。
お米で例えるとしたら。
日本米やら中国米やらとしか書いてない。のが従来のもの。
もっと言うと、例えば新潟のどっかの港から出荷されたとしたら、
品種はコシヒカリだろうがなんだろうが「新潟米」という商品になる。
スペシャリティだと、新潟の○○という農家さんが作ったコシヒカリですよ。
と言える。
みたいな。

それ聞いた時、私はなるほどなー!っと思ったのですが、
これ伝わりますでしょうか?(・∀・;

そんな話を聞いてからですね。
その方のお知り合いがやっているお店で
コーヒースクールをやるというのでですね、参加したわけですよ。
まさかのマンツーマンですよ!
(正確には、向こう二人対私一人w)

コーヒーの基礎知識を聞いたり、
ハンドドリップについて教わったり。
プロの入れたのと私の入れたのと飲み比べたり。
いろいろ衝撃でした。
私の知っていたことなんて、ほんの一握りだったのねーと。

今まで飲んでいたコーヒーは何だったのかと思うほど、違ったのが一番びっくりでしたね。
これは…キワメタイ!と思ったのでした。

本日はこれまで!
うまく纏められなくてごめんなさいぃぃぃ(ノд`)
お付き合いありがとうございました★

Pukuttoコーヒーのひと さおりでした!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です